2007年11月17日

11月9日 野田オープン3回戦 敗退…

 今日も野田オープン参加のため千葉県野田市へ。

 ここは醤油工場があるためとても醤油のにおいがしますあせあせ(飛び散る汗)
 すぐに慣れましたが。

 さて試合は3回戦。すでにベスト8なのでベスト4決めです。
 今まではベスト8が最高なので是非勝って4入りを果たしたい。

 今日の相手はここオークランドテニスクラブに最近ヘッドコーチで就任した平岡伸雄コーチ自分がまだ20代の頃選手として活躍して現在も
国体の監督兼選手?らしい。昨日も見たが左利きでトリッキーなテニス。ただサーブもいいしストロークも薄いグリップながらパワーがある。レッスンがあったの30分前に到着ダッシュ(走り出すさま)

 体をよく暖めて試合へ。

 昨日までとボールの球質が違う…。低い重い深い。
 1stはタイミングが合わず0−6しっかりくらいついていこうとはするが、サーブも同じトスから打つのでとてもわかりずらいふらふら

 2ndに入り相手のストローク、サーブにもタイミングが合ってきて
 1stゲームをブレイク、自分のサーブをキープしたが、どうも気持ちを出し切れていない…。相手はもっとネットに来るかと思っていたが
ストローク勝負フォアが低くタイミングが早く、ボールが深いのでどうしてもしのぐ展開に。バックもスライスを多用しすぎて結果的に攻撃性を失った。相手も途中1−2くらいはプレッシャーがかかってダブってくれていたが2−4くらいから持ち直してきてまたサーブのレベルが上がって2−6でした。

 終わった後アドバイスを頂き「自分のテニスを貫く事が大事、今やっているのがそれならいいんじゃないの?そうしないと到達できないよ」

 見透かされているようでした。どうしてもボールが速いのでかわそうかわそうとしてちょっと短いボールを送ったりでごまかしているのをしっかりわかっていたようです。ととも抽象的ですが自分にはそういう言葉が合っていると思っておっしゃってくれたのでしょう。

 帰り道でいろいろこれからの自分のテニスを考えました。
 まだまだレベルアップしたいパンチ

 
posted by テニス探求人 at 09:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月11日

11月8日 TTCでのコーチ研修会二日目&野田オープン二回戦

上海にmasters観戦行っていたもので更新できずでしたあせあせ(飛び散る汗)

 今日はコーチ研修会二日目、スタッフの浜田コーチも参加。
午前中はダリア女史のサーブの講義、複雑と言われるサーブの動きをバイメカに基づいて解析した。ショートテイクバック とノーマルの違いや軸足の反対の足の蹴り上げの力を使う事などわかっていた物を改めて理論として説明して頂いた。自分でも思うがサーブは構成要素が沢山あるので統合させるのが難しいふらふら一旦イメージが出来ると早いのだが…。午後のオンコートも1時間くらいしか見れずに退散。
 知り合いのコーチが来ていたので後から見せてもらおっと。

 Image368.jpg
 夕方からの野田オープン二回戦テニス
今日は志津テニスクラブの後から聞いたら中学二年生らしい。
 14歳!?自分の半分以下だ…。おっさんですねあせあせ(飛び散る汗)

 試合相手は身長が低く体がごっついので多分ストローカーかなと思っていたらやはりそうでした。
 1stセットは様子をみながらラリー。フォアがしっかりキックしてきて重いボール。バックはそうでもないがスライスも打てる。
 相手のフォアの展開になると主導権を取られたがこっちもかわしながらフォアでの展開に持ち込む。

 サーブは昨日より良いがセカンドが甘め…。まずいね。
 相手のバックが浅くなってアプローチしてロブが上がってくるがそれをサイドアウト、甘いコースへ行ってカウンターのパス…。
 欲しい所で結構ポイントを落としたあせあせ(飛び散る汗)これが後に尾を引いた。

 5−4自分のサーブで相手がかなり気合を入れてきてこっちは押され気味、今日は落ち着いてと思っていたが結構相手の声が聞こえてくると
いやな感じだ。案の上5−5、5−6、6−6 タイブレーク。

 ここはと思って気合を入れて3−0、4−1までもっていったのが良かった。相手は引きのプレイになって7−4で1stセット奪取パンチ

 2ndは2−0リードを2−2に出来なくてその後3−2で相手のサーブをブレイク。結構要所でダブってくれた。こちらも結構フォアの回り込みの動きを見せたのでそれも効いたのか。その後4−2、5−2といったが、
 ここを5−3とあっさりキープされて嫌な感じでマッチゲームへ。
 40−0まで攻めのプレイでいったがここで守りだしてデュース。
 
 いきなり守りだした自分のもびっくりしたがネットプレイを意識して
相手のバックサイドにアプローチしてパスミスを誘いゲームセット。

 7−6、6−3でした。相手の細かいショットのミスが減ったらもっとポイントを取られて競っていたはず。上の選手と戦うにはまだまだ隙が多すぎ。反省の多い試合でした。

 今日は一回自宅に帰って明日レッスン後また来る予定。
 明日はここのコーチで元選手の平岡さんと。
posted by テニス探求人 at 17:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

11月7日 TTCでのコーチ研修会&野田オープン1回戦

 今日は朝から千葉のテニストレーニングセンター(TTC)でコーチセミナーでした。Image371.jpg
 
 昨年も参加したのですが、今年はアルゼンチンから フェルナンドダリアというご夫妻でプロコーチの方の講演でした。
 
 一日目の今日はまず午前中は会議室での講義、まずはフェルナンドさんがアルゼンチンが現在強くなっている要因を説明、テニス協会の強化費がイギリス、フランス、アメリカに比べて10分の1以下なのにトップにあれだけの人数を送りこんだ事は素晴らしいです。
 
 次は奥さんのダリアさんが彼女が開発したバイオダイナミックシステムの中のフォアのメカニズムを講義した。バイメカは前から興味あったが、自分が理解している内容だったが動作の一つ一つを意味付けして説明してくれて理解しやすかった。
Image369.jpg
午後はオンコートで午前中にやったフォアハンドを実際15から18歳くらいの男女ジュニアの子でドリルを行った。メディシンボールを持って前への動き、後ろの動きをやりコーチがしっかり足を使って地面の力を使えているかをチェック。やはりこのレベルだと少し動きの再現性が低い(しっかり動ききれてない)だからこそ体だけを使ってやるのだろう。その後ボールを打ってみるとかなり球質が変わっていた。
近い事は自分でもやっていたが、システム化されているので解りやすい。参考になった。
 自分はナイターの大会に参加するため16時半にすぐタクシーに乗り移動。
 野田オープンという大会が今年から夜に開催exclamationとてもいいアイデアですひらめき
 それに参戦してきました。
Image369.jpg

会場のオークランドテニスクラブ、キッコーマン醤油の工場の隣です。ちょっと醤油くさい…ふらふら
 今回の試合のテーマ
・しっかり自分のテニスをする。
・メンタル面では気合いと冷静さのバランスを取る
・ネットプレイにトライ
(プレッシャーをかけたい場面で)
 一回戦はM選手、今年の京王の一回戦でファイナルタイブレ負け。
その時はチキッてバックがスライスばかりになってしまった。
バックに回り込む独特のスタイル。

試合前練習をする時間がなかったのでタイミングがなかなか合わなかったが、相手の手の内は分かっていたので、まずは自分のラリーで。相手はサーブがあまり強くないのでそこをしっかりリターンでプレッシャーをかけて試合をコントロール。
 しかし自分のサーブも良くない。ラケットが上手く回っていない。わかってはいるがプレッシャーもありなかなかスイングが上手くいかない。まあこういう時はスピンで入れていくしかない
良くないがコースを打ち分けて的を絞らせない事が重要。

1stはなんとかワンブレで6-4
チェンジコートで考えたのはやはりもう少し攻撃的にいかないとと思い2ndセットに入った。
まだサーブの調子は良くないが短いボールはどんどん前へいつものようにリラックスしては打てないがこれを試合でやって おかないと先がない、次のテニスにつながらない。半分はミスしたが結構大事な場面で前にツッコめた。もっとこのプレイを磨かないとパンチ
やはりパスが上手くない選手は結構多いので。

4-2の時点で相手が足を軽く痙攣したようだが気にせず自分のプレイに終始。サーブの調子は良くないが、リターンゲームでどんどんプレスできたので5-2サーブゲームも楽にキープして終了
6-4,6-2でした。

明日も講義なのでホテルに帰ってすぐ就寝眠い(睡眠)

posted by テニス探求人 at 10:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。