2007年10月12日

武蔵野市民大会男子ダブルス準優勝…

10月7日になりますが、武蔵野市民大会男子ダブルスに出場してきましたパンチ
昨年は二回戦負けと情けない結果に終わりましたあせあせ(飛び散る汗)ので
リベンジという事で昨年負けたペアの方からお声が掛かり組む事決定exclamation最近はまともにダブルスはやってなかったのですが、優勝目指してと心に秘めつつコートに向かいましたパンチ

 11時スタートだったのでパートナーの方と近くのテニスコートで練習とダブルスを1セット。細かいショットの確認とボレーのチエック。
 こちらはオム二だが本番はボコボコのクレーたらーっ(汗) タイミングが崩れる想定をしておかないとexclamation

 試合はペアの方が結果を出しているのでシードでした。
 最初のの対戦相手はなんと上級者と初心者のペア…。

 2回戦6−0で勝ったのですが全然リズムが取れず。
 なんか嫌な予感たらーっ(汗) サーブ&ボレーほとんどしてないし。

 次の試合はペアのお知り合いの方、相手はかっちりしたダブルスを
 してきて0−3までバッド(下向き矢印) やばいッ今年も二回戦負けかと思った
 のですが、そこから開き直り思い切ったら6ゲーム連取グッド(上向き矢印)

 3−2デュースをものに出来たのは大きかったです。こっちの調子がああがってくると相手も固くなりだして、ミス…。
 テニスって本当メンタル、流れを掴む事が重要なんだと思いました。

 次はべスト4で決勝決めの試合、武蔵野市の会長さんといつも上位常連ペアの方。4−4までいって何本か細かいショットが決まり6−4で勝利
 。 
 自分的にはレシーバーの前衛の時にポーチを意識しすぎてストレートに3本くらい抜かれたふらふら もう少しフェイクを入れてから動き出さないとみんな良く動きを見ているので。
  
  あとはファーストボレー後のボレーのタイミングを外す事を考えないとどんどん詰められるのでその辺りが大事。

 決勝は去年の優勝ペア二人ともでかく勢いで来るタイプ。

 相手も固くなっていていつもはないミスをしてくれていたが、4−4まではキープ、キープやや自分のパートナーのサーブキープが苦戦ふらふら 自分が出れてないせいもあるのだが。4−5相手のリターンで
0−0で自分の上にロブが上がったのをスマッシュ出来なかったのが悔やまれるもうやだ〜(悲しい顔) あそこで15−0にしていれば…。
 次のポイントペアのサーブがセカンドになってフォーストボレーがミス0−30.ここで自分がクールに行き過ぎた。失敗ふらふら

 もっと動き、気合を見せて取りに行かないとexclamation 

 そのままブレイクされて4−6終了。5−5にしていれば相手ももっと
 崩れてくれたはず。終わってから言ってもしょうがないですが。

 まあいろいろ勉強になりました。Aさん有難うございました。

 不服そう?まぶしいだけかな
Image344.jpg


 
posted by テニス探求人 at 14:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。