2007年12月17日

大磯オープン 1回戦 辛勝!

 今日は大磯オープンでした晴れ
Image431.jpg
Image432.jpg
 ジュニアの江原弘泰選手が出場してました。16歳だったかな。
 これから冬の試合があるんでしょう。

昨日まで三日間体調を崩して寝込んでいたためふらふら金曜日から行く予定だった淡路オープンに出れずかなり体調不良だったのだが、
日曜日のレッスンでなんとかなりそうだったので、楽しむつもり行ってきた。毎度の事ながら海がとても綺麗なので、気分がいいっす右斜め上
 一時間前に着いて練習と軽くトレーニングをして筋肉の状態を確かめる。なんとか動けそうるんるん
 
 一回戦は9時から対戦相手はコーチの方でよく会場で見かける方。
やってみた方ならわかるがここのコートは太陽が上がって来る方に片側は向いているためとても眩しく晴れ見えないわかってはいるがなかなかゲームが取れないあせあせ(飛び散る汗)
1-12-23-3と進んで、4-4でワンブレイク出来て1セットを取った。
なかなかラリーのタイミングが合わないが相手も合っていないという感じ。なかなか固さが抜けない1stだったたらーっ(汗)
2NDもまだ乗り切れない感じ 引き続きフォアが引き付けきれずにしっかり押して行けないちっ(怒った顔)

しかし自分に言い聞かせて「アグレッシブに質の高いテニスをする」を課題として設定してただ単に勝ちを求める姿勢をなんとか修正できるように考えを作り直し。
ネットプレイも混ぜて出来るだけ相手に余裕を持ってラリーさせないようにする。ファーストサーブの確率が低く3−3でブレイクされ相手の流れが出てきてそのまま3−6.
。2-2、2-3、3−3 3−4、3−5、3-6という流れでした。

 ファイナルはもう手を出してしまっていたので、とにかくテニスのレベルを上げる事を心がけてプレイ。どうしても勝ちにこだわり始めるのでプレイの質を追及していく事がとても重要exclamation 質が下がると次
のラウンドにも影響があるので。
 1−0、1−1とお互いにサーブキープ相手も必死に食らいついてくる。
2−1、2−2。なかなか相手もサーブがしっかり入りだしてリターンのタイミングが合わないたらーっ(汗) もっと攻撃的にいかないとexclamation
 と思いつつ入れにいってしまう…。
ただこのゲームでなんとかリターンで攻めきれてブレイクして3−2、キープして4−2、このサーブゲームがかなり競ったのだが5−2。ここが大きいゲームだった。次の相手のサーブを0−30、になったが30−30まで追いつかれて、長いラリーを制して30−40、短いボールを相手がサイドアウトしてゲームセット。ほぼ3時間かかりました。
 2時間程他の試合を見てその後生徒が出場していたので1セット。
練習では攻撃的なんだけどなぁ…。これを試合で出来ないと4

 全身パンパンで大磯温泉に入って帰宅。疲れたー

posted by テニス探求人 at 07:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/73242274

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。